Categories

Flickr Photogallery

Subscribe Newsletter

subscribe with FeedBurner

石川県内の弁護士事務所でB型肝炎給付金に関して相談

全国で40万人以上と言われるB型肝炎ウィルス感染被害者。
国はB型肝炎給付金制度を作り、被害者への損害賠償を行っています。
給付金を受け取るためには給付金請求訴訟を行う必要があります。
訴訟手続きは自身で行うこともできますが、必要な書類を集めたり、
訴状を作成したりと専門知識が必要なため、ほとんどの人が弁護士に相談するようです。
国も弁護士費用の一部(給付金の4%まで)を負担してくれます。
石川県金沢地裁において、B型肝炎訴訟で提訴した人は282人、
その内和解した人は131人(2014年5月31日時点)となっています。
石川県でも給付金を受け取れずに苦しんでいる人が多くいます。
石川県でもいくつもの弁護士事務所がB型肝炎訴訟に対応しています。
給付金の請求期限は2017年1月12日までとなっていますので、
気になる人は早めに弁護士事務所に相談した方が良いです。

Leave a reply

Your email address will not be published.