リオ五輪を観戦するのに手土産に・・・

リオ五輪の観戦をきっかけにブラジルへ行く際は、
日本の伝統的なお土産を持っていくと喜ばれることでしょう。
そこで、日本の伝統的なお土産といえば、石川県のお土産が最適といえます。
まず、石川県のお土産は古くから伝わるものが多く、
味もシンプルで見た目も美しい物が多いのが特徴です。
特におすすめなのが、俵屋の飴です。
天保元年に創業し、現在まで200年近くその味を守り続けている俵屋の飴は
良質な米を元に作られています。
伝統的な日本をそのまま感じることができるでしょう。
また、伝統的な和菓子の多くは餡子を使っているため、
高温多湿なブラジルの気候では日持ちがしにくことに対し、
飴であればこうした心配は無いことも大きなメリットです。

石川県同好会in晴海埠頭

大学進学を機に、実家のある石川県から上京して一人暮らしを始めました。
大学では地方出身者が多いので、夏休みや冬休みが明けると、
それぞれ地元のお土産を持ち寄るのが習慣化していました。
大学を卒業してそのまま都会で就職をしたら、実家に帰る回数も少なくなりました。
そうなると今度は故郷が懐かしくなり、実家で食べていたご当地料理が懐かしくなったので、
石川県の料理を食べさせてくれる小料理屋さんに通うようになりました。
そのお店では石川県出身の人が集まっていたので、
自然と石川県同好会を作ろうという話になりました。
同好会として、晴海埠頭でバーベキューをしながら石川県の良さを語り合うことができます。
石川独特の方言で話すのが心地よくて、気持ちが安らぎます。

石川県に有名な腎不全の治療院があるらしい

石川県に有名な腎不全治療のための病院があります。
それは、石川県立中央病院の腎臓内科です。
患者とのコミュニケーションを大切にし、より良い治療法の選択のために、
たくさんの選択肢を提供してくれます。
透析療法部は、急性期血液浄化(急性腎不全等)、血漿交換、
各種吸着療法、他科入院治療中の維持透析、新規血液透析導入を行っています。
実績として、集中治療室において年間400件を超す血液浄化療法、
血液透析導入は年間約40例、血液浄化症例は年間のべ10,000件弱になります。
医療設備は血液透析、血しょう交換とその他の血液浄化療法を行なえる設備が整っています。
日本腎臓学会の医師が診療部長と医長を務めているので安心です。

石川県内の弁護士事務所でB型肝炎給付金に関して相談

全国で40万人以上と言われるB型肝炎ウィルス感染被害者。
国はB型肝炎給付金制度を作り、被害者への損害賠償を行っています。
給付金を受け取るためには給付金請求訴訟を行う必要があります。
訴訟手続きは自身で行うこともできますが、必要な書類を集めたり、
訴状を作成したりと専門知識が必要なため、ほとんどの人が弁護士に相談するようです。
国も弁護士費用の一部(給付金の4%まで)を負担してくれます。
石川県金沢地裁において、B型肝炎訴訟で提訴した人は282人、
その内和解した人は131人(2014年5月31日時点)となっています。
石川県でも給付金を受け取れずに苦しんでいる人が多くいます。
石川県でもいくつもの弁護士事務所がB型肝炎訴訟に対応しています。
給付金の請求期限は2017年1月12日までとなっていますので、
気になる人は早めに弁護士事務所に相談した方が良いです。

石川県でおススメの古物市場

古物市場をご存知ですか?普段行くリサイクルショップとは少し違い、
リサイクルショップ同士が商品を売買する市場のことです。
参加するには古物商であることが必須とされています。
売り手も買い手も自分のお店の在庫調整や品揃えを充実させるためには
欠かせない場となっているようです。
石川県では、色々な古物の種類によって、たくさんの古物市場があります。
自動車や美術品、時計や装飾品など、多くの古物が売買されているのです。
自分のお店の在庫状況によって参加先を選べるのがポイントですよね。
リサイクルショップの商品は一般客からの売り物だけだと思う人も多いようですが、
こういった古物市場という場の存在で、あれだけの商品が揃っているのですね。

サーフィン初心者のKちゃんに俵屋のじろあめを

暖冬の影響で北国の観光も長く楽しめますね。
先日も友人と金沢へ新幹線に乗って遊びに行ってきました。
前回は大行列で入ることのできなかったお寿司屋さんへオープン前から並んで
無事においしいお寿司を食べることができました。
そして今回のお土産は半沢直樹で人気が出た「俵屋 じろあめ」をゲットしてきました。
今回予定が合わなくて一緒にこれなかった
サーフィン初心者のKちゃんのお土産にしようと思います(^^)

カラコン度ありの使い道は

先日、金沢に行った際に買ったおみやげを友人に渡すために家まで行ってきたんです。
ちょうど借りていた本を返すついでもあったので。
お土産はとても喜んでくれたんですが、逆に友人のお土産もそれ以上にいただいてしまいました。
友人の方がよくあちこちにいるので圧倒的にもらう側なんですよね…。
何かお返しを考えていたら、カラコンの度ありのものを売っているお店に
車で連れていってほしいと話がありました。
お安いご用ですが何で使うのかと思ったら仮装イベントがあるそうで、誘われてしまいました。

友人と火災保険を比較。

金沢に行ってきた時、あまり時間がなくて結局駅で大慌てで購入してきました!
和菓子店村上の「ふくさ餅」。
これは和菓子派にも洋菓子派にも喜んでもらえるんですよね。
もっちりした求肥餅をこし餡でコーティング。
ふんわりでしっとりとした黒糖味の焼皮で包んだ、激ウマ和スイーツです。
思い出してもヨダレがでそうです(笑)
これを頬張っていると、友人襲来。
金沢でペット保険の話を聞いてきた時にもらった火災保険のパンフレットで
火災保険を比較談義してしまいました。

ペット保険のことを思わず聞いてしまいましたが

金沢へ久しぶりに行ってきました。
本当は雪のうっすら積もった兼六園が見たかったのですが、
年明け以降はバタバタしそうな予感がするので、今のうちに行っておこうとおもったわけです。
さて、お目当ての近江市場の美味しいご飯は食べられたので、
おすすめのお菓子を買って帰ろうと案内所にいってみたのですが、
入口に貼ってあったペット保険のポスターが気になり、思わず説明を受けてしまいました(笑)。
ちゃんとお土産のおすすめも聞きましたので~

中華街の個室のような場所はないですが。

石川の有名なお土産で塩がありますが、
石川ではその塩を題材にしたグルメも多く存在します。
石川の平和町から武蔵町に美味しい中華の店が多いので、
私は勝手にここを石川の中華街と呼んでいます。
本場の中華街の個室のような場所はないですが、独自の味の系統を出しており、
中華好きにはオススメなんですね。
華林楼 進和町店という店があるのですが、
その麻婆豆腐が私の好きな胡椒をうまく使った味付けで今でもよく食べにいってしまいます。
他にも、先ほどの塩を使った塩焼きそばの餃子菜館 勝ちゃんもオススメですね。
いや〜、書いているとお腹が減ってきますね。

倉庫の作業スペースを借りるまでもないですが…。

一時期、いや今もブームかもしれませんが、地サイダーというものがあります。
地ビールみたいなもので、各場所ごとの特色を出したサイダーです。
当然というか、石川にも地サイダーがあってその名も「塩サイダー」。
能登土産では 珠洲塩が人気ですが、その流れなのかもしれませんね。
ちなみに「ほどよい塩加減と甘味がとてもよい」人気だそうです。
飲み方としてはお酒と割ってもオツだそうです。
ただ、ビールと一緒でサイダーの問題は飲んだ後の空き瓶ですよね。
倉庫の作業スペースを借りるまでもないですが、部屋にあると邪魔だし、
うっかり瓶回収の日を忘れたりすると、なんとも…。

ダイビング中、埼玉のスクール内で出会った事は無かったのですが、まさか石川で…

私の会社は都内にあるのですが、支社がある石川県に定期的な出張があります。
出張してみて分かったのですが、石川県って実は会社が多い県で、
色々な会社の方と知り合いになる機会が多いです。
先日も出張の際に訪れた居酒屋で同じく都内から出張で来ていた一団と知り合いになりました。
話してみると同じ埼玉在住の方で、なんとダイビングも埼玉の同じスクールで習っていると言うのです。
すっかり仲良くなって、埼玉での再会を約束しました。
素敵な石川土産になりました。

ティーカッププードルが入るくらいのラーメン。

意外かもしれませんが、石川はうどんが美味しいです。
いや、私が知っているうどんが美味しい店が石川にある集中しているだけなのかもしれません。
話はそれますが、先日都内でラーメンを食べまして、
雑誌の写真で見て「美味しそうだ」と思って行ったのですが、出てきてビックリ。
予想より小さい…。
どれくらいかというとティーカッププードルが入るくらい。小さい…。
それに比べて石川のうどんの大きいこと、大きいこと。
やや、平椀ということもありますが、麺類でおなかいっぱいになるのですから、結構な量だと思います。
しかし、これが不思議とツルッといけてしまうのですから、頭が上がりません。
まぁ、ラーメンも美味しかったんですけどね。

石川以外にも神奈川の上大岡へ賃貸を探しにいった際にハントンライスが。

最近、石川というとカレーのイメージがあります。
テレビとゴーゴーカレーの所為だと思っています。
この金沢カレーと言われるカレー以外にも石川では所謂B級グルメ、
ソウルフードと言われるものが多く存在します。
中でも、私は「ハントンライス」が好きで、
ハントンライスとは具の入っていないケチャップライスのオムライスの上に、
白身魚フライにタルタルソースをかけたものなんですが、
石川にいった際には一回は食べることにしています。
石川以外にも神奈川の上大岡へ賃貸を探しにいった際に
ハントンライスを置いている店を見たことがあります。
美食話をお土産自慢として石川アピールなんて如何でしょうか。

金沢で有名な回転寿司は水道工事で入れず

北陸新幹線の開通で一番賑わっているのは金沢ではないでしょうか?
観光地としても有名ですし、食べるものも充実していますから、
一度は行ってみたいと思っている人も多いと思います。
今回の金沢は最終日のランチに、いろんな方からおすすめされた回転寿司屋さんに行ったのですが、
水道工事のため休みになってしまい心残りができました。
次回はレポートします!そして今回のお土産は「不室屋のお麩」でした。
新幹線では笹寿司を食べましたよ。

石川B級グルメを横浜で造園が綺麗な場所で。

例え、安くて早くて美味いB級グルメだとしても、
景色が綺麗な場所で食べるなら高級料理に負けはしないと思うのです。
高いだけが美食という訳ではないということですね。
横浜で造園が綺麗な場所がありましたが、
そこで食べる金沢カレーは、さぞ美味いと思うのです。
2、3杯はいけるでしょう。
横浜だったら、海を見ながら能登丼もいいでしょうね〜。
能登丼になるとB級グルメではないですけどね。
横浜、横浜いいましたが、石川ももちろん美しい場所がたくさんありますよ!
ただ、先日みた横浜の美しい造園が忘れられなかったというだけのことです。